明月院 紫陽花
(OLYMPUS PEN-F + LEICA DG Summilux 15mm F1.7 Asph.)
紫陽花 @明月院

2014/11/02

やっぱり LUMIX LX100 が気になる


先日 LUMIX GM5 が気になるという話を書きましたが、あれからコンパクトなセカンドカメラについてもう少し検討してみたところ、レンズ交換式ではないレンズ一体型のいわゆる高級コンパクトカメラと呼ばれる部類に入る LUMIX LX100 の方に気持ちがかなり揺らいでしまいました。

LUMIX LX100 は 4/3型の撮像素子搭載のコンパクトカメラなので、撮像素子のサイズはボクが使っているフォーサーズの一眼レフカメラである OLYMPUS E-5 や、マイクロフォーサーズのミラーレス(一眼)カメラである OLYMPUS OM-D E-M1 と同じであり、また先日気になると話していた LUMIX GM5 とも同じですね。
また、LUMIX GM5 でイイと思った EVF も GM5 よりも倍率/解像度共に上回る EVF が搭載されている、4K動画が撮れる、35mm版換算で 24-75mm F1.7-2.8 の明るいズームレンズが付いている、絞りリングやシャッタースピードダイヤルが付いていて操作性がよさそう、など、LX100 の方が GM5 と比べるとスペック的にはかなり使い勝手がよさそうなカメラだなぁと思い、俄然 LX100 が気になりはじめてしまったのでした。
以前 OLYMPUS XZ-1 を普段持ち歩き用カメラとして愛用していて思いましたが、この手の普段持ち歩ける相棒的カメラは別にレンズ交換できなくてもほとんど困ることは無いですので、レンズ一体型なら一体型でかなり割り切って使えてそれはそれでよかったりしますからね。

ただ、サイズは GM5 が W98.5mm×H59.5mm×D36.1mm(+装着するレンズの厚み)/180g(+装着するレンズの重量)に対し、LX100 は W114.8mm×H66.2mm×D55.0mm/393g と、大きさ重さともに GM5 と比べると一回り以上大きいところが、普段鞄に忍ばせるカメラとしてはどうなのかが少々気がかりだったり。。
ちなみに以前愛用していたコンパクトカメラの OLYMPUS XZ-1 は W110.6mm×H64.8mm×D42.3mm/275g で、Leica X2 は W124.0mm×H69.0mm×D51.5mm/345g でしたので、XZ-1 よりは一回り大きく、Leica X2 よりは一回り小さい大きさなんですね。
まあ厚みが 55mm と結構ありますので、このあたりがどんなもんなのか。。
それにしても GM5 は幅と高さだけ見ると XZ-1 よりもコンパクトなのは驚異的な小ささで、やはり GM5 の小ささもかなり捨て難いものがあります。

...とまあそんなこんなで、気持ちは LX100 に傾きつつあるものの GM5 の小ささも捨て難く、どっちにしようかかなり迷ってしまいましたので、ここはやはり現物を見てみよう!ということで、お台場の国際展示場前にあるパナソニックセンター東京へ LX100 と GM5 の現物を見に行ってきました。

パナソニックセンター東京

国際展示場へは何度も行ったことがありましたが、こちらのパナソニックセンター東京へ行くのは今回がはじめてでした。三連休初日の夕方&雨だったためか、かなり空いてましたので、おかげでじっくりと LX100 と GM5 を触ってくることができました :-)
# なお、センター内は撮影お断り的なことが書いてありましたので、中では写真は撮ってきませんでした。

LX100 と GM5 の現物をじっくり触った結論としては、LX100 の方がボク好みでよさそうでした。
確かに GM5 の方がコンパクトでこの小ささは捨て難いモノがありますが、 EVF の見やすさや諸々の操作性については断然 LX100 の方が Good でした。特に操作性に関しては LX100 vs GM5 だと上級機と入門機といった感じの違いがありますね。やはりそこそこカメラの操作に慣れている身としては、絞りリングとシャッタースピードダイヤルと露出補正ダイヤルが独自しているのはとても使いやすいです。
背面モニターについては GM5 はタッチパネルに対して LX100 はタッチパネルではないという違いがありますが、EVF を覗いて撮るスタイルをメインとするならば、タッチパネルじゃなくてもあんまり困ることも無いですので、個人的には大したウィークポイントではないです。
# ボクはタッチパネルは OM-D E-M1 でもほとんど使ってませんので。

...と使い勝手においては断然 LX100 だったわけですが、最大の問題である LX100 は普段鞄に入れて持ち歩ける大きさなのか?という点について、こちらは大きさ確認のために以前 XZ-1 を持ち歩くのに使っていた suono のカメラケースを持って行って、LX100 が入るか否かを確認してみたのでした。
その結果、若干窮屈な感じはあるものの XZ-1 用のカメラケースにも収納できるサイズでした。オプションの自動開閉レンズキャップ(DMW-LFAC1)は装着されていませんでしたので、自動開閉レンズキャップを装着するとどうなるのかは何ともですが、おそらく大差は無いのではないかと思われます。
厚みが55mmなので薄手の鞄だとちょっと厳しいかもですが、この厚みならば今通勤に使っている鞄だったら何とか入りそうですので、何とか普段持ち歩く相棒にできるのではないかと思われます。
なお重さは 393g とそこそこありますが、しっかりとした造りからくる気持ちのイイ重さ(意味不明?)なので、重さについてはあまり問題にはならないと思われマス :-P


そんなわけで、実物を触ってみた結論としては「LX100 欲しい!」デス。
さっそくポチろうかな。。

0 件のコメント:

コメントを投稿