明月院 紫陽花
(OLYMPUS PEN-F + LEICA DG Summilux 15mm F1.7 Asph.)
紫陽花 @明月院

2013/05/15

BD レコーダー・SONY BDZ-EW500


最近買ったブツの最後?の大物が BD (HDD) レコーダー・SONY BDZ-EW500 です。
レコーダーはもう 5 年近く SONY の BD レコーダー・BDZ-X90 を使っていましたが、起動が遅いやら、HDD が増設できなく容量が一杯になってきたやら、最新の DLNA/DTCP-IP への対応をしていないやらと、いろいろ不満が溜まってましたので、どうせなら iPad/iPhone での DLNA 視聴やダビング転送に対応したレコーダーが欲しいなぁと思い、思い切って BDZ-EW500 に買い替えちゃいました。

BDZ-EW500 は Blu-Ray Disc 対応の容量 500GB の HDD レコーダーで、イマドキのレコーダーらしく外付け HDD で HDD 容量を増設できるのと、やはり iPad/iPhone からの録画番組&ライブチューナー (現在放送中の TV 番組) の視聴と"おでかけ転送"に対応しているのが特徴です。

他の購入候補としては同じ SONY の nasne も検討したんですが、ボクの部屋は TV は無くてレコーダーを TV チューナーにもしつつプロジェクターに繋げて視聴してるので、もし nasne を導入するなら別途 PlayStation3 も買わないといけないのと、割と録画した番組のチャプター編集とかもすることがあるので、それなら諸々の使い勝手を考えるとレコーダーの方が手間がかからずイイかと思い、外付け HDD で増設できることも加味して一番 HDD 容量が少ない BDZ-EW500 をチョイスしました。
# レコーダーは DVD レコーダー時代から SONY の"スゴ録"を愛用してきてますので、今回もやはり SONY のレコーダーを選びました。

肝心の使い勝手ですが、BDZ-X90 に比べて起動がかなり速くなり、また最大のポイントである iPad mini からの視聴やおでかけ転送も iPad/iPhone アプリ Twonky Beam (有料の DTCP-IP アドインを別途追加) で問題なくできました :-)
ライブチューナーも録画番組も選択してから表示されるまでに少々待たされます (10〜15秒くらい?) が、画質は iPad mini で見る分には十分です。
なお、iPad の場合は Twonky Beam だけでも再生できますが、別途 RECOPLA もインストールしておくと、スリープしてる BDZ-EW500 を RECOPLA で起こせるので、わざわざ BDZ-EW500 の電源を入れなくてもイイので便利です。



ちなみに前に使っていた BDZ-X90 で録画した番組は、BD-RE にダビング → BD-RE から BDZ-EW500 にムーブし、おてがけ転送用の動画ファイルを作成すれば、Twonky Beam から DLNA 再生することや、iPad/iPhone におでかけ転送して持ち出すこともできましたので、今まで録画していた資産も無駄にならずに済みました。
# なお、おてがけ転送用動画ファイルを作成した後で外付け HDD にムーブすれば、Twonky Beam から DLNA 再生することができました。

これでめでたく、家にいるときはわざわざプロジェクターをつけなくても iPad mini (Twonky Beam) で TV が視聴でき、また録画した番組は iPad mini におでかけ転送して持ち出せるようになって満足デス :-)
iPad mini が動画再生機としてさらに活躍してくれそうです。

それにしてもレコーダーもずいぶん安くなったもんですね。BDZ-X90 は 5 年前の機種ですが当時 15 万円くらいしてましたから、同じ HDD 容量 (500GB) の BDZ-EW500 と比べると 4 倍近い値段だったってことになりますね。。(^^;


0 件のコメント:

コメントを投稿