明月院 紫陽花
(OLYMPUS PEN-F + LEICA DG Summilux 15mm F1.7 Asph.)
紫陽花 @明月院

2009/12/09

Mac を仕事で使う Part 2


先週から会社で仕事用マシンとして使い始めている iMac 27"、何ぶん Mac にそれほど詳しくないボクはところどころ苦戦しつつも何とか BPOS メールの設定、Windows ドメイン (Active Directory) への参加、プリンターの接続などを無事に済ませ、社内のネットワーク環境に紛れ込ませることに成功しました。
一番厄介だったのが Windows ドメインへの参加方法。やり方さえわかれば実はそれほど難しい話ではなかったのですが、Snow Leapard (Mac OS X 10.6) で " ディレクトリユーティリティ" をどこから使えるのかなかなかわからず苦戦しました (^^;

Snow Leopard でのディレクトリユーティリティを使った Windows ドメインへの参加方法については、自分への備忘録としてメモっておきます。
  1. [システム環境設定] から [アカウント] を開き、左のアカウントリストの下にある [ログインオプション]を選択。
  2. "ネットワークアカウントサーバ:" の横の [接続] ボタンをクリック。
  3. ディレクトリサーバのアドレス入力のウィンドウが表示されるので、左下にある [ディレクトリユーティリティを開く] をクリック。
    ディレクトリユーティリティ、こんなところにあるとは。。(^^;


  4. ディレクトリユーティリティで Active Directory の [有効] をチェックし、 Active Directory を選択した (アクティブな) 状態で左下の鉛筆マークをクリック。


  5. そこで表示されるウィンドウで Active Directory のドメイン名と Active Directory 参加時のコンピュータ名を入力し、[バインド] ボタンをクリック。


  6. そしてドメイン管理者のユーザ名とパスワードを入力し、[OK] ボタンをクリック。


  7. これでうまくいけば無事 Active Directory への参加は成功。
ディレクトリユーティリティさえ見つけられれば、あとは問題ないはずです。ただ、Active Directory 参加にはドメイン管理者の認証が必要になりますので、ウチのような Small Business な会社では問題ないですが、ある程度の規模以上の会社ですと身近にいない IT 管理者にお願いしなければなりませんので、Mac がまったくいない Windows PC だらけの会社で Mac を Windows ドメインに参加させるのは、IT 管理者と仲良くないと難しいかもしれませんね。
# IT ポリシーがガチガチに厳しい会社では絶対無理でしょうね。。(^^;

そういう意味ではボクはかなり恵まれた環境にいるかもです (笑)
とはいえ、社内の業務システムのほとんどが SharePoint Server + InfoPath で構築されているため、経費精算や見積書作成などではどうしても Windows + Office 環境が必要なんですよね。なので、iMac だけですべての業務をこなすには BootCamp で Windows 環境を作らないといけないわけですが、まだ時間が無くてそこまで手がつけらてません。。(^^;

0 件のコメント:

コメントを投稿